読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再現ゴコロ*Copycat Recipes* 

 by*cona´,,・ω・,,`monn*

リーヒンムイ(干し梅)

日記 リーヒンムイ B級食品の日々 sweets 海外食品

リーヒンムイは大好きなのですが、

パウダータイプの物ってなかなか国内では手に入らないのです。

ハワイに行った時に数種類買いだめする。。と言った感じ。


先日子供がチョココーティングされたマシュマロをチンして柔らかくし食べた時の事。

一口食べた時、「リーヒンムイの味がする。」と言うのです。


?!?! えぇえぇええ?

チョコマシュマロが梅干しぃ??


いえ、フランス製の品なので塩も入ってはいません。

?何で?


「これ、リーヒンムイだよね。」

その様に念を押されましても。。。。




彼女曰く、甘味や酸味、苦味、塩味等の味覚のチャートがあるとしたら、
それ以外の感覚だと言うのです。
私も食べてみたのですが、チョコ味以外の何物でもありません。。


しかし食べ物に関しては感性の鋭い彼女の事、

きっと何かあるのだわ。とググッてみました。

すると。。。。


リーヒンムイには甘草が含まれている。

甘草の甘み成分はグリチルリチン。

そしてその成分のメーカーサイトで調べてみると、コーヒーやチョコレートには

グリチルリチンが利用されると書いてあるではありませんか!!

お菓子の原材料名には記載されてはいませんが (フツー書かれませんよね。。。)

考えてみれば海外物のチョコって時々独特な風かなとも思います。

。。。という訳で、味が同じ、というのではなく、子供は微妙な「風味」を嗅ぎ取っていたのでした。


ウィキペディアによると、

味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味酸味塩味苦味うま味の5つが基本味に位置づけられる。
基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ、flavour)と呼ばれることが多い。



あなた警察犬並!

「焼きたてジャぱん」に出てくる黒柳みたいww


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



さてそれに因んで美味しいスイーツレシピを考えました。

簡単です。

1.マシュマロをチンして柔らかくします。

2.リーヒンムイパウダーをふりかけて食べます。

これだけなんですが、凄く美味しい。

塩をかけるより数倍美味しい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

台湾のサイトで見たのですが、 


リーヒンムイパウダーって青い梅が原料の様です。

ふーん。。。。

なるほどね。(って何が成る程なんだか)



ハワイの物は人口甘味料や合成着色料てんこもりですが(まぁそれもご愛嬌)

本場台湾では、↑ そういう物が無添加の品が存在し

普通の物よりお高いそうです。

 


それ、必ずや入手致しますぞ!!!!!

Flag Counter